葛藤の渦中

10月 26th, 2013 by jeanfrancoisremesy

クライエントが葛藤の渦中にいるかぎり、何を選択しても解決とはならないのですね。援助を必要としている人のほとんどはそのような状態なのです。彼らは何か月もカウンセリングを受ける余裕がない場合が多いのですね。カウンセリングに費やす時間が少なくなることは、その分多くの人がカウンセリンクの思恵を受けられるので、重要である。今まで多く実践されてきたリアリティセラピーに選択理論がうまく加わることで、短時間で多くのことが達成できるのです。伝統的な心理療法ではたくさんの時間が費やされるが、このようなカウンセリングでは多くのものが削除されるのです。特に、次のようなものは、削除できる。問題は、常に不満足な現在の人間関係である。たいてい問題は明白であるが、そんな場合でも、クライエントがそうでないと否定することがある。もしその否認を受け入れれば、何が問題か、あるいは誰が問題か、かなりの時間を過去の詮索に費やすかもしれない。その否認を処理する能力を身につけて、最初のカウンセリングで現在の人間関係に触れなければならないのです。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>