より良い選択をするように説得

10月 26th, 2013 by jeanfrancoisremesy

カウンセリングというのは、実際にどのような会話がなされるか。カウンセリングというものががどういうものであるか、直接触れてみることには価値があると思います。選択理論は、リアリティセラピー (現実療法)という、カウンセリング手法の枠組みを提供しているのです。しかしそれは枠組みであって、どんなことを実際にしたらよいかまでは教えてくれないのです。クライエントというのは千差万別だから、何を言ったら目の前のクライエントに一番役に立つのか、カウンセラーは自分で考えなければならない。いかに機能するかを説明できる選択理論を使って、目の前のクライエン卜についてたくさんのことを既に知っている。あるケースのように、会う前から、クライエン卜には大きな人間関係の問題があることが分かる。また、その彼女が落ち込みを選択していることも、分かっている。そして、彼女を助けるためには、彼女がより良い選択をするように説得しなければならないことも分かっている。クライエン卜が欲しているもので、葛藤とならない何かを得ることに焦点を合わせなければならないということなのですね。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>