夢のもつ創造性

11月 2nd, 2013 by jeanfrancoisremesy

現実と何の関わりがなくても、夢はあまりにも現実的である。あらゆる行動と同様、夢は全行動である。夢行動と呼ぶのがよい。夢はすべて頭の中で起こっているので、全行動の思考である。夢を見ている問、ほとんど私は行為をしているが、私はデイトンに行くことをも考えている。私はどうしようもできないことから苦し備を感じたが、私の生理反応は自分のしていることに対しては正常であった。私がその夢に触れたのは、私の人生で意味があったからではなく、私たちが皆どれほと創造的であるかを示す鮮明な例であるからだ。夢には境界がなく、論理もなく、現実に根ざす必要もない。文字どおり、何でも起こり得る。しかし、夢を見ている間は、すべては納得できるように思える。その夢の中で、デイ卜ンに時間前に着きさえすれば、宇宙に向かって飛び立つ途上にあることを碓信していた。研究者は、眠っている間に夢を見ることで最高の休息を得ると信じている。しかし、ここで扱いたいのは、夢のもつ創造性である。創造性のない人生はほとんど生きるに値しないですから。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>