私たちはよく夢を見る

11月 1st, 2013 by jeanfrancoisremesy

白い宇宙服を身につけ、ヘルメットをかぶり、発射間際のシャトルで宇宙に飛び立つ決意がすっかりできていた。しかし私はシンシナティにいた。数時間後に打ち上げられるデイトンのライト・バタソン空軍基地に着かなければならない。シャトルの発射基地がデイトンであることをおかしいとは思わなかった。NASAが迎えを用意していないことは不思議だった。しかし、NASAは、公共の交通機関を利用するのが最善の方法だと教えてくれた。私は市パスに乗っていた。人々は宇宙服姿の私を見つめていたが、何も言わなかった。私はパスを乗り継いだが、どのバスもデイトンに行くようには思えなかった。私はだんだん狼狽してきた。このままだと、間に合わないのは確実だ。私は助けを求めたが、彼らは肩をすくめて、無関心のようであった。これは夢である。何年か前にシンシナティに住んでいたときに見た夢だ。あまりにも鮮明で、あまりにも落ち着かない夢だったので、忘れたことがない。私たちはよく夢を見る。多くの夢には、このように一生懸命やったのに一向に結果が出ないというテーマです。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>