親しい人間関係が誰にも必要

10月 31st, 2013 by jeanfrancoisremesy

彼女が教えることになる選択理論に彼が納得する可能性は大きい。その場合は、二人で選択理論を使うことができる。カウンセリングに来る人は皆、少なくとも一つは不満足な人間関係をかかえている。そこで、すべてのクライエントと良い人間関係を築き、心配をしていることを告げ、そして積極的に話し、聴き、起こっている出来事を一緒に考えるつもりがありさえすれば、力になれる可能性がある。このことをクライエン卜に知ってもらうことは、カウンセラーの責任である。クライエントはカウンセリンクに来るときには孤独である。彼らは、カウンセラーと友人になり、信頼関係を保たなければならない。カウンセリングを通じて、カウンセラーはクライエン卜に、自分の人生に対して責任があること、他人は変わるかもしれないが、それに頼っているわけにはいかないことを学んでもらう必要がある。また、人生は公正でないこと、現実世界では、ある人々は他の人々よりも人間関係に、より多くを与えている事実を学んでもらうことは重要である。カウンセリンクが成功したとすれば、クライエントが古い人間関係の改善、またはより良い新しい人間関係を創造することに努力したからであろう。幸せであるためには、いく人かの良い、親しい人間関係が誰にも必要である。私たちの遺伝子は、生涯をかけてそのような努力をすることを要求している。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>