人は変わることができる

10月 29th, 2013 by jeanfrancoisremesy

人は変わることができる。自分から進んでカウンセリンクを受けにくるほとんどの人は、有能な人である。彼らは単なる快楽ではなく、幸せを探し求めている。これまでにクライエントがしてきたことよりも、もっと多くのことをすることができると思って、クライエン卜に接するのが、カウンセラーの仕事である。絶望だと思いながらクライエントはカウンセリングにやって来る。その思いを永続させるのがカウンセラーの仕事ではない。クライエン卜の苦痛やみじめさは、無力さを処理する手段であり、とれほど傷ついているかを他人に伝えるために学習した方法なのだ。誰も、またカウンセラーでさえも、クライエントが苦しむ選択を利用して、他人をコントロールすることは許してはならないし、常識に反するようであるが、みじめさは自らの選択である。カウンセラーの仕事は、クライエントにより良い選択の仕方を学んでもらうことである。彼女は、ここから去るまでには、家にじっと座って落ち込むよりもはるかに良い選択があることを考えていた。彼女の力のすべては、落ち込むことで使い尽くされていたのです。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>