手術中の糸のようなもの

10月 28th, 2013 by jeanfrancoisremesy

クライエントがそうするように励まされ、それが許されると、その苦情はより重要となり、真の問題(クライエントが選択していること)に戻るのが一層困難になっていくのです。選択理論は、クライエントが正当な苦情をかかえていることを否定するものではないのです。しかし私たちが唯一コントロールできるのは自分だけであることを教えている。私たちはこのような苦情に関して、カウンセラーはもとより、誰をもコントロールできない。リアリティセラピーは、クライエントが自分のために何ができるか、そして問題となっている現在の人間関係を改善するために何ができるかを強調するのです。そうすることで、時間の節約になるだけでなく、カウンセリングに焦点を合わわせ、より効巣のあるものにすることが可能となるのです。現在の人間関係を見つけ、過去の苦情を避け、クライエントができることに照準を代わせていると、セラピーの時間を短縮するだけでなく、クライエントがもっと自由になって効果的な人生を送れるようになると理解するようになるのです。クライエントは現在の人間関係で求めている自由をすべて手に入れるわけではないが、過去を忘れ、他人を責めることをやめる自由はあるのです。他人を責めることに多くの時間を費やさないで、現在の生活にもっと役立つ選択をすることに時間を費やすほうがよいのは明らかです。そうするために、クライエントには選択理論を教え始めるのです。クライエントは選択理論を使って、より良い選択をすることができ、セラピーを長引かせる可能性のある多くの問題に対処する術を身につけられるようになるのです。これは手術中の糸のようなもので、今の一針が後の九針を不必要とするのです。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>