Archive for 2月, 2015

身体の神秘

木曜日, 2月 5th, 2015

急所ともいえるようなぶっそうでジャマになるキンタマが何故わざわざ外に露出しているのか。陰のうの表面にはたくさんのシワがあります。このシワは陰のうの表面積を広くするためのもので、ちょうどラジエーターの役割をしていると言われています。陰のうを常に冷やして、陰のう内部の温度を体温より少しだけ低く保つようにしているらしいのですね。このため陰のうは、外に露出しているのです。暑いと体温を発散させるために垂れ下がり、寒いと逆に縮むようになっていますよね。陰のう内部の温度を体温より低く保つようにしているのは、睾丸で精子をつくるためには、体温より低い温度環境が必要だからと言われているのです。しかしなぜ体温より低い環境でないと精子がつくられないのかについてはまだ詳しくは分かっていないようですね。サイ、イノシシ、カパ、クジラなどは陰のうがなく、睾丸は体内にあるようなんです。コウモリやネズミなど、繁殖期だけ外に睾丸が降りてきて陰のうが生じる動物もいるようですしね。まだまだ分からないことがたくさんあるようですね。主婦が出会い系サイトでセックスするというのが普通の日常だという状況がますます最近は顕著になってきたように感じるのは私だけではないのではないでしょうか。