Archive for the ‘夢’ Category

夢のもつ創造性

土曜日, 11月 2nd, 2013

現実と何の関わりがなくても、夢はあまりにも現実的である。あらゆる行動と同様、夢は全行動である。夢行動と呼ぶのがよい。夢はすべて頭の中で起こっているので、全行動の思考である。夢を見ている問、ほとんど私は行為をしているが、私はデイトンに行くことをも考えている。私はどうしようもできないことから苦し備を感じたが、私の生理反応は自分のしていることに対しては正常であった。私がその夢に触れたのは、私の人生で意味があったからではなく、私たちが皆どれほと創造的であるかを示す鮮明な例であるからだ。夢には境界がなく、論理もなく、現実に根ざす必要もない。文字どおり、何でも起こり得る。しかし、夢を見ている間は、すべては納得できるように思える。その夢の中で、デイ卜ンに時間前に着きさえすれば、宇宙に向かって飛び立つ途上にあることを碓信していた。研究者は、眠っている間に夢を見ることで最高の休息を得ると信じている。しかし、ここで扱いたいのは、夢のもつ創造性である。創造性のない人生はほとんど生きるに値しないですから。

私たちはよく夢を見る

金曜日, 11月 1st, 2013

白い宇宙服を身につけ、ヘルメットをかぶり、発射間際のシャトルで宇宙に飛び立つ決意がすっかりできていた。しかし私はシンシナティにいた。数時間後に打ち上げられるデイトンのライト・バタソン空軍基地に着かなければならない。シャトルの発射基地がデイトンであることをおかしいとは思わなかった。NASAが迎えを用意していないことは不思議だった。しかし、NASAは、公共の交通機関を利用するのが最善の方法だと教えてくれた。私は市パスに乗っていた。人々は宇宙服姿の私を見つめていたが、何も言わなかった。私はパスを乗り継いだが、どのバスもデイトンに行くようには思えなかった。私はだんだん狼狽してきた。このままだと、間に合わないのは確実だ。私は助けを求めたが、彼らは肩をすくめて、無関心のようであった。これは夢である。 (さらに…)